iPhone3Gの日本語変換

なかなかiPhone3Gについて語っている時間が取れませんが、日本語変換について他のサイトで見かけてなるほどと思ったことを書き留めておきます。

さて、iPhone3GになってからWebサイトの閲覧回数が増え、ブログの書き込みもiPhoneで済ませてしまおうという意気込みなのですが、、どうも日本語変換の候補がピンと来ないことが多く、ちょっと不満に感じていたところでした。

  1. 文節が多いと変換されない 
  2. 期待された候補じゃないものが多い

そう、文節を意識して変換をかけて行かないで長くなると変換ができません。
こまめに変換しないといけません。

また、大きなお世話候補ですが、、、
「やしき」・・・「弥次喜多」  判らんでも無いけどもね
「まいく」・・・「マイクロセカンド」
「やさい」・・・「谷在家町」 これはどこの町?!
「やまは」・・・ 一回目ではヤマハにならない
「すかいら」・・・「スカイライン」より、「すかいらーく」これはよいか、、、
「はらがへる」・・・変換できず
また気がついたら報告します。
きっと学習していくとましになるのかな。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *